七五三について

数え年で男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳に行う年祝いです。

3歳の男女児の「髪置(かみおき)」とは、この日を境に髪を切りそろえて伸ばし始める儀式です。
5歳の男児の「袴着(はかまぎ)」とは、袴を初めて身につける儀式。そして7歳の女児の「帯解(おびとき)」とは、着物のつけ紐をとり、初めて帯を締める儀式です。年の節目にお祝いをすると共に神様の御加護に感謝し、子どものさらなる成長や無事を祈願します。

本来11月15日に徳川綱吉の子、徳松の七五三をこの日に行った事から七五三詣の日とされてきましたが、昨今では15日にこだわらず11月の都合の良い日にお参りされる方が多く、当社も11月中は随時受付をしております。また、年齢も数え年ではなく満年齢で行う方も増えてきており、今年満年齢で3歳のお子様と数え年で5歳のお兄ちゃんと一緒にお参りされる、という方もおられます。

 

令和元年度の七五三のご予約につきまして、ご予約不要でご来社いただける日は下記となります。

10月/26日(土)・27日(日)

11月中(平日も含む)

12月/1日(日)・7日(土)・8日(日)

いずれもご祈祷受付時間は9時半から16時までとなっております。お越しになられた際には、本殿向かって左にございます社務所にて受付をお願い致します。