十三参りについて

京都を中心とした関西地方の風習で、数え年13歳の男女が、元服を迎え無事大人になったことを神様に感謝し、知恵と健康を授けていただくためにお参りします。

旧暦3月13日(現在の4月13日)にお参りする事、また生まれた年の干支が初めて回ってくるという事より「十三参り」と呼ばれております。小学校卒業から中学校入学の転機に、是非親子お揃いでお参り下さい。