厄除けについて

厄年とは、古くより災厄が身に降りかかりやすくなる人生の節目の年齢のことです。

厄年を迎えたら、神社にお参りをして神様のご加護をいただき、災厄が身に振りかからないように厄祓いをします。

厄年を迎える時期は、精神面や身体、社会的な転換期と重なり、様々な面で変化の多い年回りとされています。

「令和四年 厄年 一覧表」(年齢は数え年)

【男性】
  25歳    平成 8年うまれ
  41歳(前厄)昭和57年うまれ
大厄42歳(本厄)昭和56年うまれ
  43歳(後厄)昭和55年うまれ
  61歳(還暦)昭和37年うまれ

【女性】
  19歳    平成16年うまれ
  32歳(前厄)平成 3年うまれ
大厄33歳(本厄)平成 2年うまれ
  34歳(後厄)平成 元年うまれ(昭和64年うまれ
  37歳    昭和61年うまれ
  61歳(還暦)昭和37年うまれ

厄年が無事晴れたら御礼参りをしましょう。

*厄年に当たられていない方は、災難除け祈願としてご奉仕致します。

初穂料 10,000円よりのお心持ち